カテゴリ:グラトラ( 4 )

グラトーク 04

ひさびさ再開グラトークです。

前回教習所の話でしたね。はい受かりましたよ。近年まれに見る集中力でした。
あまりにも集中しすぎたせいか、ミラーステーがスプーン曲げのようにぐにゃりと・・・曲がりません。

その後しばらくノーマルの状態で乗ってた僕ですが、
どげんかせんといかん!と思ったのがテールランプ。

なんじゃあの弁当箱みたいな四角いだっさいテールランプは。

この部分だけは最初っから気に入ってませんでした。


初めて行く南海部品で、テールランプコーナーを物色する僕。
そこで今後何度も悩まされるであろうメーカーと初コンタクトするわけです。

メーカー名はふせておきますが、箱に「ノンノーマル」とかってデカデカと書いてあって(モロバレ)
「ノーマルじゃなければ偉い」と思ってた当時の僕にはジャストミート福澤。
事前勉強で、灯火類は小さければ小さいほどかっこいいとされる世界のようでしたので
小さめの丸いテールランプを選びました。そうそうキジマですね。あっ言っちゃった。

で、

買ったはいいものの、取り付け方法がわからんちん。

従兄弟はバイク乗りで、僕がバイクに目覚めるきっかけを与えた男であり悪影響なのですが、
その従兄弟のとこにテールランプ持ち込んで、これつけて~と頼みに行きました。

めんどくさそうにあしらわれると思ったらなんだか従兄弟楽しそう。

当時の僕はテールランプの配線作業すらできないボンボンだったので、
従兄弟が何でもできる男に見えて惚れそうになりました。
時は流れ、めんどくさい配線作業は僕が担当することが多くなりましたが(笑)

純正フェンダーはかっこいいので、穴を空けるのに抵抗はありましたが
かっこよくなるためには仕方ない。ひとつ上野おとこ。になるのです。

装着完了!

うおおおおおかっけー!すげーかっけー!たぶん地球上で一番かっけーテールランプだ!
と本気で思ってた僕20歳。

しばし眺めて悦に入ってました。ついでにウエスでバイクを磨いてました。
うーんかっけー!すげーかっけー!としゃがみこみ作業をしている僕の傍に気配を感じました。

振り返ると・・・カモシカがいました。天然記念物です。僕のグラよりも一回り大きいです。

至近距離。はっきり言って恐怖です。大きく目を開いたまま動けない僕。
しばらくするとカモシカは去っていきました。経験値はゼロです。

従兄弟の家では普通にカモシカやサルに遭遇します。熊なんかも見たことあります。
その現場を遠くで見ていた従兄弟が一言。

「あれの方が速そうじゃない?(笑)」

そりゃねーべよ。マジこわかったってばよ~。

1カモシカって何馬力?とか考えてた僕でした。



んでこの後日談、テールランプのレンズが電球の熱で溶けるという症状が2度ありましたよ。
この時点でキ〇マはダメだと気づきました。
[PR]
by H-DABUROKU | 2009-04-24 04:26 | グラトラ

グラトーク 03

「納車日はできるだけ早くしてください」 と仮免しか持ってないコゾーが言ってました。僕ですね。


グラトラを初めて見に行ったときなんですが、
グラストラッカースタイルブックなる小冊子をもらいました。

その小冊子の一番最初、それも一番大きく紹介されてるカスタムスタイルがこのオートリメッサ。
b0131654_1561644.jpg

かっこいい・・・のか?ノーマルとどこが違うのか当時の僕にはわかりませんでした。

同じ小冊子に載ってたこのWMとかいうやつはかっけーと思ったんですけどね。
b0131654_25258.jpg

でもグラトラがもう一台買えるでしょ?そんなもん当時の僕にはムリキングですよ。
それにタンデムつらそうでしょ?そんなもん当時の僕はエロキングですよ。

色々と雑誌を読み漁った知識からすると、どうやら灯火類、外装類なんかは小さくコンパクトに、
いらないもんはどんどん取っちゃえば今風のナウいヤングマシンになれるそうです。

「へぇー。でもノーマルでもかっこいんだけどなぁ」

とまぁその頃は思ってたわけですよ。そんな男がカスタム好きになってくわけですよ。

免許取得以前にグラトラを手に入れた僕ですが、もちろん無免許状態ですので公道走行はNG。
キックでエンジンかけてみたり、眺めてみたり、私有地で〇〇〇〇してみたり。
もともとバイクの教習自体は好きな僕でしたが、愛馬を手に入れてさらに教習が楽しみに。

しかし!


教習所でのスラロームタイムは誰にも負けねぇ と思ってたコゾー(僕)ですが、


やっちゃいました。


気づいたら地平線が縦に見えてました。転倒です。初の転倒しかも見極め前日。

それからのスラロームはおっかなびっくりこわごわタイムになってしまいました。

それでも次の日の見極めはなんとか合格。


次回 『受かるか!?嵐を呼ぶ卒検!の巻』 ご期待ください。
[PR]
by H-DABUROKU | 2009-03-07 02:16 | グラトラ

グラトーク 02

SUZUKIのお店に入ると ありましたッ!!
すんげーフレンドリーなサイズのグラストラッカーがッ!

お店の人が跨ってもいいよって言ってくれたので、跨ってみました。
足ベタベタに着くし、なにより軽い!転びそうな恐怖感がゼロ!
本当にかっけーバイクだと思いました。

たぶん2時間くらい跨ってました。

たぶん3日後には買うって契約してました。


当時も今も、エブリデイノーマニーな僕なので金策的には苦労しました。
(でも今思うと当時はリッチだったんですよね。交代勤務だったし)

「どうしても欲しい!ローン組ませてたもれ!」 と、母親に魂の叫びをぶつけてみたのです。

 実は僕のじいちゃんは、戦争から無事帰ってきたのにバイク(カブ)で釣りに出かけた際に
 事故で亡くなったそうなので、それがもとで母親にはものすごい反対されてたんですけど、
 【自分の稼いだお金で免許とるならいいじゃないか】という条件を無理やり押し付けて
 なんとか教習所に通ってたくらいですの。

だからバイクなんて簡単に買えるわけじゃないんですけども。


当然怒られましたよ。


でも、 「ローン組むなら、私が立て替えるから月々の返済は私にしなさい」 と。


ななななんと!これはいわゆる 【親ローン】 ですよ!
金利手数料無料!親かジャパネットタカタぐらいしかこんな事言ってくれませんよ。

即効首を縦に振ったのは言うまでもありません。
即効契約しに行ったのも言うまでもありません。
[PR]
by H-DABUROKU | 2009-02-16 22:13 | グラトラ

グラトーク 01

あれはそう。暑い日でしたよ。
教習所のCB400の重さに嫌気が差してた夏の日のkijineko氏(20)

もともと 「ドラッグスター1100に乗りたい。でもまずは中免から」 という動機で教習所に通ってたのに
「重いのは気軽に乗れないからいやだ。チャリ感覚で乗りたい」 というわがままな若者(20)らしい
言い訳を日々口にしていたわけであります。
(とはいえ当時はV-MAX乗りたいとか、ハーレー乗りたいとかも言ってたんですけど)
まったく厨房かよ。

サッカー部の部室みたいな匂いの漂う、教習所のバイク小屋で手に取った雑誌「オートバイ」
そこで衝撃的な出会いが待っていました。

【スズキ グラストラッカー 発売】

うおかっけー!これかっけー!なにこの色!すげーかっけー!
マーブルアステカオレンジって言うのか!あっ、キックつきかよ!すげー!

車体の鮮やかなカラーリング、とっつきやすそうな車体のサイズ、
キックつきの250ccエンジン、そしてなにより頑張れば買えそうな価格!
そのどれもに心をわしづかみにされたわけです。

教習所を出た僕は、SUZUKIって書いてある看板のお店に行くのでした。
[PR]
by H-DABUROKU | 2009-02-16 21:49 | グラトラ


きじねこがお送りするダブロクにまつわる世間話など


by H-DABUROKU

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

以前の記事

2012年 05月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

カテゴリ

全体
W650
駄文
ハーレー
グラトラ
未分類

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧